日本の伝統芸能

日本の伝統芸能には、能、狂言、歌舞伎、浄瑠璃、その他多くのものがあります。そしてそれらは、インバウンドが年々増加する日本の観光業の中で、海外へアピールするための大きな役割を担ってきました。東京銀座に居を構えていた歌舞伎の殿堂「歌舞伎座」は、2013年に建て替えが完了し、銀座観光に来る海外の方々が多く来館しています。また能は定期的に海外に招致されるほど人気が高く、その理解のし難さが、逆に神秘性を増しているようでもあります。

意外な人気を誇る伝統芸能

また、外国人に意外な人気を誇る伝統芸能もあります。それは「落語」です。日本語がわからない外国人に、何故落語が人気なのか?実は多くの落語家が、字幕を付けたり、外国語で落語をおこなったりしています。桂三輝のような、カナダ生まれの落語家まで現在はいるのです。