映像芸術と音楽

映画でトーキーが発明されて以降、作品の臨場感を盛り上げる音楽は、映像作品と不可分のものとなりました。いや、サイレント映画時代においても日本では楽団をつけて上映をおこなっていた映画館があり、トーキー以前から既に音楽は重要な存在だったのかもしれません。

ドキュメンタリー映像においても音楽は重要であり、その選曲により作品の説得力はより増すことになります。楽しいシーンで楽しい音楽が鳴らなければ、映像はちぐはくな印象しか与えることができないのです。

ゲームでも同様に重要な音楽

同じことはゲームでもいえます。ホラーゲームで明るい音楽は鳴らないのです。楽しいオンラインカジノゲームでは、ビットカジノを覗いてみればわかりますが、楽しい音楽が鳴り響いています。音楽の役割は、映像作品と全く一緒なのです。